ic121241’s blog

書くものの系統はバラバラ

プログラミングコンテストなどで筋肉部門に参加しないための方法

procon28お疲れ様でした! 沖縄高専は特別賞1つと敢闘賞が3つもらえました!

今回のプロコンも, 全力で挑んで全力で楽しんで, 企業の方とも全力でお話してきました.

今回のブログも毎回大会があるものにもれず,「大会はブログを書くまで」というM教授の金言に従い, ブログを書いていこうと思います.

 

 

全体的に楽しかったプロコンですが, その楽しさはそれまでに苦しんだり頑張ってきた

対価だと思ってます.特に今年苦しかった事があります. 去年から何度も, 「筋肉部門はもう参加したくない!!!!」と言ってたのに, 今年も筋肉部門に参加してしまいました.

 

筋肉部門とは

そもそも沖縄高専ICTに所属していないとプロコン筋肉部門の意味がわからないかともいますので, 筋肉部門について説明していきます.
プロコン筋肉部門は, 頭脳を競い合うプロコンに対して悲しくも筋肉を大活躍させてしまう事を言います. 主には荷物持ちが参加することになります(そう, 僕は去年から連続2年で大きな荷物を, 自分の荷物に加えて沖縄高専から参加しています).
去年は飛行機の遅れが原因で, プロジェクターが二台入ったダンボールをカートに固定する暇がなく, カートとダンボールを手で持って空港から新幹線までダッシュしました.今年はドローンが2機入った箱をカートに上手く固定できずに, 結局カートを活かせず手で持ちました.

去年の主な原因は運の悪さ, 今年の主な原因は開発が遅かった, と説明することができます.
続いてこれらについて反省していきます.

 

procon27 筋肉部門反省


去年は主に飛行機の遅れが原因で外的要因が大きいことが特徴です. 飛行機のアクシデントは必ずついて回るもので, 飛行機発が遅れるのは最たるものではないでしょうか.
これを回避する提案を次に示します

  • 重たい荷物は分割して何人かに持たせる
  • そもそもプロジェクターなどの重たいものは郵送する
  • 飛行機の次の移動までの時間を(可能であれば)2時間は余裕をもたせる

こうすることで実質的な荷物持ちが解消されたり, 飛行機が遅れても安心して到着後の荷造りができます.
飛行機が時間通りに着いた場合はすこぶる暇ですね, 空港のソファーでゆっくりしましょう.

 

procon28 筋肉部門反省


今年は主に自チームの開発がギリギリまで行われており, 結局発送できず手荷物になったのが原因です.つまり, 次のことをすれば回避できます.

  •  開発をさっさと終わらす
  •  プロダクトで作るものを手のひらサイズ以内に収める
  •  (物理的に)軽いプロダクトを作る

こうすることで重い荷物は自分のものだけになり, 筋肉部門参加は避けられます.

 

本日言いたいこと

沖縄高専がプロコンのプロダクト完成が遅いのは年々言われていることですが, 今年のうちのチームは近年特に酷かったです.
筋肉部門に参加しないためとか言いましたけど, そもそもプロダクトはさっさと完成させて, 動作も完璧にしてとっととホテルか会場に送りつけるのが最安牌です.

しかしプロコンは毎年体力を消耗するイベントで, 外的要因によるものが多すぎます.たとえば会場とホテルの距離が遠く体力を使う, 会場の空調が悪くて体力を使う, デスマで体力を使う, 緊張しすぎて体力を使う.
上げればキリがありませんが, これについて言えることは一つです.

沖縄高専ICT委員会は筋トレをしてもっと体力つけて下さい.

 


反省を活かし自分が次やるべきこと


プロコンが終わってもまだやることは残っています.プロコンが終わったからと言ってボケッとする暇はありません.
やるべきことリストを書いておきましょう. きっと未来の自分が見て実行するでしょう.

  • 筋トレをして体力の向上
  • 勉強してプログラミング能力の向上
  • 勉強して卒業研究を終わらせる
  • ていうかブログは月一以上で更新しろ

 

 

本日のブログは以上です.